a
Lorem ipsum dolor sit amet, consecte adipi. Suspendisse ultrices hendrerit a vitae vel a sodales. Ac lectus vel risus suscipit sit amet hendrerit a venenatis.
12, Some Streeet, 12550 New York, USA
(+44) 871.075.0336
silverscreen@edge-themes.com
Links
Follow Us

LINE UP

ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー

2月11日(日) 11:45~
これぞカルチョの神髄

イタリア随一の名門クラブ・ユヴェントス。そのエンブレムには、30回目の優勝を記念した3つの星が輝く。しかし、八百長疑惑により2つの優勝が取り消されたにも関わらず。。。
ブッフォン、ピルロ、デルピエーロ、コンテ、アニエリ・オーナーへのインタビューで、これぞカルチョなクラブの哲学が浮き彫りになる。

2時間9分 イタリア・アメリカ 2016年 監督 マルコ&マウロ・ラ・ヴィッラ
公式サイト thejuvestory.com

上映後、ユヴェントスFCユースへの留学経験のあるUとG饂飩さんが登場
その時に出会ったスター選手⭐のお話や
クラブの雰囲気、
GKのトレーニングの様子などを語っていただきます!

ベイタル・エルサレムFCの排斥主義

2月11日(日) 14:50~
宗教、政治、金、差別、暴力…私たちにもありうる未来
イスラエル・プレミアリーグにて、唯一アラブ人選手を受け入れてこなかったベイタルFC。
あるシーズンの半ば、会長が、2人のチェチェン出身の選手を獲得する。ロシアとのビジネス拡大が目的だ。
イスラム教徒の加入に、サポーターは猛反発、応援を放棄し、選手たちを脅迫するものも…
話題のドキュメンタリーが映画祭に登場。

1時間27分 イスラエル・イギリス・ノルウェー・アイルランド 2016年 監督 マヤ・ズィンシュテイン
© Duckin’ & Divin’ Films and Maya Films 2016

上映前に、写真家・フォトジャーナリストの宇都宮哲壱さんのイスラエルサッカー取材レポートを行います。
ぜひ、現地の背景を知ったうえで、作品をご鑑賞ください。(20分ほど)

You'll never walk alone

2月11日(日) 17:20~
仲間とチャントを歌う歓び その先に
第2次世界大戦前、ハンガリーで上演された一編のオペラ。それが、海を越え、時代を経て世界一有名なサッカーソングへと昇華する歴史を追いかけたドキュメンタリー
人々は、この曲にどんな想いを託し、そして何を受け取ってきたのか?
サポーターとチームを繋ぐ強力なパワーについての物語。

1時間39分 ドイツ 2017年 監督アンドレ・シェーファー YFFF字幕監修
© FLORIANFILM 2017

上映後、You’ll never walk aloneをみんなで唄いましょう!
ぜひ、自分のサポートクラブ、チームのマフラーやグッズを身に着けてご来場ください。
サッカーを愛するYano Brothersによる歌唱指導あり。(15分程)

アフリカ・ユナイテッド

2月12日(休) 11:00~
サッカー版スタンド・バイ・ミー

W杯のエキシビションマッチに参加したい。その一心で、少年たちは、ルワンダから南アフリカまで、5000キロの道のりの旅に出る。トラブルまみれの旅を、少年たちは知恵と勇気を振り絞り、乗り切っていく。オープニングに“意外なもの”でサッカーボールを作るシーンをもってくるなど、アフリカの現実とサッカーへの情熱を表現するセンスに脱帽。

1時間30分 UK・南アフリカ・ルワンダ 2008年 監督デブス・ガードナー・パターソン
©NICK WALL

上映後、アフリカと日本とサッカー⚽をこよなく愛するセネガル人バアブさんをお迎えして、ワールドカップの事前予想を行います!

利き手はスポーツジャーナリストの河治良幸さん!(20分ほど)

協力:アラカワアフリカ

また、本上映では、ヨコハマらいぶシネマさまによる音声ガイド上映をおこないます。
ご利用希望の方はヨコハマらいぶシネマさまにご連絡ください。
TEL:045-243-9800(シネマ・ジャック&ベティ内) FAX:045-252-0827
E-mail:barrierfree-info@koganecho.com

WHO I AM ライリー・バット

2月12日(休) 13:20~
SPECIAL SCREENING

“最も激しいパラスポーツ”とも言われるウィルチェアーラグビー界において、長きにわたり最強軍団オーストラリアを牽引してきたライリー・バッド。地元ではウォータースキーやモーターバイクを乗りこなし、モットーは「Anything’s Possible(何だってできる)」。常にチームの勝利、長きにわたるオーストラリアの栄光を臨む”危険な重戦車”の真髄に迫る。

前作の好評を受けてシリーズ最新作から2本を特別上映します!

◆正式名称
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」
格闘球技 最強軍団の“危険な重戦車”:ライリー・バット
(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)

50分 日本 2017年
演出:花枝祐樹
チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:坂口和之進 泉理絵
出演:ライリー・バット(オーストラリア/ウィルチェアーラグビー)
ナレーター:西島秀俊 音楽:梁邦彦 フォトグラファー:新田桂一

©WOWOW

WHO I AM ベアトリーチェ・ヴィオ

2月12日(休) 13:20~
SPECIAL SCREENING

重い髄膜炎を患ったことによる炎症が原因で、両手足を切断、フェンシングから車いすフェンシングに転向したベアトリス(愛称べべ)。驚異的なペースで勝利を重ねてきて迎えた2016年リオパラリンピックでも、圧倒的な強さで金メダルを獲得する。“次世代のスーパースター”として、2020年東京パラリンピックでも、最も注目を集める選手の一人となることは間違いない。

前作の好評を受けてシリーズ最新作から2本を特別上映します!

◆正式名称
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO I AM」
パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ
(イタリア/車いすフェンシング)

50分 日本 2017年

撮影/編集/ディレクター:中島悠
チーフプロデューサー:太田慎也、プロデューサー:大野丈晴 泉理絵
出演:ベアトリーチェ・ヴィオ(イタリア/車いすフェンシング)
ナレーター:西島秀俊、音楽:梁邦彦、フォトグラファー:新田桂一

©WOWOW

セルティック ソウル

2月12日(休) 15:55~
セルティックパークへの聖地巡礼旅

中村俊輔の活躍も記憶に新しいセルティックFC。このクラブは世界中に多くのサポーターを抱えていることでも有名でアイルランド系カナダ人俳優ジェイ・バルチェルもその一人。ファン仲間のキャラハンとふたり、祖先のケルト文化に触れつつ、憧れのセルティックバークを目指す。

1時間26分 カナダ 2016年 監督マイケル・マクナマラ YFFF字幕翻訳
© 2016 Celtic Soul, Markham Street Films

上映後に、東京都藝術大学ケルト音楽研究部スペシャルカルテットによる生演奏をお楽しみいただきます
本当ならビール片手に盛り上がりたいところですが構堂は飲食禁止なので、、、(20分ほど)

ジョホールバル 1997

2月12日(休) 18:15~
ワールドカップ初出場から20年、今こそ振り返ろう!

日本の歴史を変えた「ジョホールバルの歓喜」から20年。
その中心にいた選手や監督による、今だから明かせる秘話、そして、日本代表ヘの想い。。。。
そもそも、あの異常とも言える熱狂は何だったのか⁇ ワールドカップ出場が当たり前になった今だからこそ、産みの苦しみを再確認するドキュメンタリー。

上映時間 未定   日本 2018年 監督 植田朝日
出演 岡田武史 井原正巳 岡野雅行 名波浩 呂比須ワグナー 山口素弘
©ジョホールバル1997製作委員会

会場

横浜市 開港記念会館

〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地
1.JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)
2.みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)
3.市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)

ハーフタイムパーティー

ハーフタイムパーティー

誰でも参加OK!ゲストや映画祭スタッフと楽しく語り合おう!

会場 ハーバーズダイニング(開港記念会館から徒歩4分)
神奈川県横浜市中区太田町2丁目23

チケット 前売2500円 当日3000円

矢野ブラザーズによるスペシャルライブあり

矢野マイケル、デイビット、サンシローの3 兄弟で結成されたYANO BROTHERS。
日本の父、ガーナ人の母の間に生を受けた3 人は、幼少期に日本へ渡来。その後日本で育つ。
それぞれの人生を歩んでいたが2013 年の4 月からついにユニットを結成。
3 人が見てきた様々な景色から作られる、ジャンルにとらわれない音。
アフリカと日本がブレンドされた歌声とハーモニー。

イベント